スクラッチプログラミング - パックマンみたいなゲームのつくりかた - Part 1

パックマンがたべるドットをきれいにならべるプログラムを紹介(しょうかい)します。迷路(めいろ)の背景(はいけい)をつくって、通路(つうろ)に等間隔(とうかんかく)でドットを表示(ひょうじ)しましょう。

スクラッチプログラミング - パックマンみたいなゲームのつくりかた - Part 1
Photo by Sei / Unsplash

【Pyxofyメンバー限定公開】

サンプルさくひんであそんでみよう

今回(こんかい)は、パックマン風(ふう)のゲームを紹介(しょうかい)します。上下左右(じょうげさゆう)の矢印(やじるし)キーで、パックマンを操作(そうさ)してください。

(みどりのはたをおして、スタートです。プロジェクトは、ScratchのPyxofyページでもごらんになれます。)

Part 1でやること

Part 1では、迷路(めいろ)の背景(はいけい)に、ドットを表示(ひょうじ)するプログラムをつくっていきますよ。

主役(しゅやく)のパックマンは、次回(じかい)の Part 2 でつくっていきます。 Part 3 では、敵(てき)のゴーストを追加(ついか)して、ゲームを完成(かんせい)させます。

めいろにドットをならべる

ドットを等間隔(とうかんかく)にならべるプログラムと、迷路(めいろ)の背景(はいけい)をつくっていきましょう。ここでは、みやすいようにオレンジいろのおおきなドットで説明(せつめい)していきますね。

迷路の通路にドットを表示する
迷路の通路にドットを表示する

ドットをならべるいちをしろう

最初(さいしょ)にドットをつくっていきます。ドットのスプライトを用意(ようい)してください。

ドットのスプライト
ドットのスプライト

ドットをきれいにならべるためにつかうのが、背景(はいけい)の「Xy - grid - 30px」です。

  • 背景(はいけい)をえらぶ
背景を選ぶ一覧から「Xy - grid - 30px」を選ぶ
背景を選ぶ一覧から「Xy - grid - 30px」を選ぶ

背景(はいけい)の線(せん)にそって、ドットをならべていきますよ。まずは、左下(ひだりした)にドットをおいてみましょう。座標(ざひょう)は「xざひょう:-210、yざひょう:-150」です。

  • 最初(さいしょ)の位置(いち)
x座標−210、y座標-150にドットが表示されている
x座標−210、y座標-150にドットが表示されている

「Xy - grid - 30px」の背景(はいけい)をつかっているので、1マスうごかしたいときは、座標(ざひょう)を「30」かえます。ひとつ上(うえ)のマスは「xざひょう:-210、yざひょう:-120」です。

y座標を30変えると一つ上のマスに表示される
y座標を30変えると一つ上のマスに表示される

つまり、座標(ざひょう)を「30」ずつかえていけば、等間隔(とうかんかく)にドットをならべることができますね。ではつぎに、ドットをならべるプログラムをつくっていきましょう!


これより下は、Pyxofyメンバー限定公開です。メンバーになると読むことができます。下のバナーをクリック、名前とメールアドレスを入力後、Sign upボタンをクリック!くわしくは、『メンバー登録・ログイン方法』をごらんください。

Pyxofyメンバー登録はこちらをクリック!
Pyxofyメンバー登録はこちらをクリック!

『Start Here - Scratch (スクラッチ)』では、Scratchの基本(きほん)から、さまざまなゲームやアニメーションなどの記事(きじ)を、レベルべつで見ることができます。

Start Here - Scratch (スクラッチ)
Scratch (スクラッチ)記事(きじ)のレベル別一覧です。初級、中級、上級、拡張機能にわけてまとめました。
スクラッチプログラミング - ebook プレビューの紹介です
Pyxofyで公開してきたスクラッチの内容をebookとしてお届けします。ただいま鋭意作成中!今回はそのプレビュー版のご紹介です。