スクラッチプログラミング - ブロックくずしゲームのつくりかた

ブロックくずしは、ボールをパドルではねかえして、ブロックにあてるゲームです。「クローン」と「座標(ざひょう)」をつかうと、たくさんのブロックをきれいにならべることができますよ。

スクラッチプログラミング - ブロックくずしゲームのつくりかた
Photo by Pawel Czerwinski on Unsplash

サンプルさくひんであそんでみよう

今回(こんかい)は、《ブロックくずしゲーム》のつくりかたをしょうかいします。

ボールをおとさないようにパドルをよこにうごかして、ブロックをぜんぶけしましょう。

パドルのうごかしかた

  • タブレット…画面(がめん)をゆびでタッチして左右にうごかす
  • パソコン…マウスのポインターを左右にうごかす

(プロジェクトがひょうじされないばあいは、ScratchのPyxofyページをごらんください)

ブロックくずしゲームをつくろう

ボールをパドルではねかえしてブロックをけすゲームをつくってみましょう。

  1. パドルをそうさできるようにする
  2. ボールをバウンドさせる
  3. ゲームオーバーをきめる
  4. ブロックをえがく
  5. ブロックをならべる
  6. ブロックをくずして、けす
  7. プログラムかんせい

したへつづきます ↓

Paddle (パドル)」の位置(いち)は、ステージの下のほうにします。左右にうごかせるように、プログラミングしますよ。

  • 画面(がめん)のタッチ、マウスポインターでうごかす
マウスポインターでパドルを動かすコード

やじるしキーをつかってそうさしたいときは、つぎのようにブロックをくみあわせてください。

やじるしキーでパドルを動かすコード

»やじるしキーでのくわしいそうさ方法(ほうほう)は、『やじるしキーでスプライトをうごかそう』をごらんください。

Scratch (スクラッチ) - やじるしキーでスプライトをうごかそう
キーボードをつかってスプライトをうごかすためには、キーがおされたかどうかをしらべるブロックをつかいます。上下左右の「やじるしキー」で、スプライトをそうさできるようになりましょう。

ボールをうごかして、パドルやステージのはしではねかえるようにしましょう。

ボールをバウンドさせるコード

»ボールをパドルではねかえす方法(ほうほう)は、『ピンポンゲームのつくりかた』をごらんください。

Scratch (スクラッチ) - ピンポンゲームのつくりかた
ボールをはねかえしてあそぶ、ピンポンゲームのつくりかたをしょうかいします。プログラミングでよくつかわれる「もし〜なら」というブロックと、「らんすう」ブロックをつかえるようになりましょう。

パドルにあてるのにしっぱいして、ステージの下にボールがついたら、ゲームオーバーにします。

  • ステージのいちばん下に、「Line (ライン)」のスプライトをおく
赤いラインのスプライトがステージの一番下にあることを示す画像
  • ボールにふれたどうかを、プログラムがうごいているあいだずっとチェックする
  • もしボールにふれたなら、プログラムをとめる
ボールがラインにふれたらゲームオーバーにするコード

ステージのはしやパドルではねかえるボールが、あかいラインにふれると、プログラムがとまるようになりました!

Pyxofyメンバー登録バナー
Pyxofyメンバー登録はこちらから
四角い茶色のブロックのスプライトを描く

バラバラブロックのつくりかた

ボールがあたったときに、ブロックがくずれるようにします。バラバラになったブロックのコスチュームをつくりましょう。

  • コスチューム1をコピーする
  • けしゴムでせんをひくように、わける
ペイントエディターのけしゴムツールでブロックを細かい四角に分けられたコスチューム2

小さい四角(しかく)になったぶぶんは、それぞれべつべつにうごかせるようになりますよ。

小さい四角に分けられたうちの一つをうごかした様子を表す画像
  • せんたくやじるしでドラッグして、バラバラにする
小さい四角になった部分を全部バラバラに動かした様子を表す画像
  • コスチューム2をコピーする
  • せんたくやじるしでドラッグして、もっとバラバラにする
ブロックがバラバラになったコスチューム3

ブロックがくずれてバラバラになるコスチュームができました!

ブロックのクローンをたくさんつくって、きれいにならべましょう。

さいしょのせってい

  • クローンするまえのブロックは、かくしておく
  • コスチューム1(バラバラになっていないブロック)にする
  • 位置(いち)は、ステージの左上にする
ブロックのさいしょの設定をするコード

クローンをつくろう:1だんめ

ブロックをきれいにならべるためには、座標(ざひょう)をかえながらクローンをつくります。

まずは、1だんめ。ステージの左から右へ、xざひょうをかえながらブロックをよこにならべますよ。

  • 11かいくりかえす
  • クローンをつくってから
  • xざひょうをかえる
11個のクローンを作るコード

くりかえす回数(かいすう)と、xざひょうをどのくらいずつかえるかは、ブロックの大きさによってかわります。今回(こんかい)は、くりかえしは「11」かい 、xざひょうは「40」ずつかえました。

クローンをつくろう:2だんめ

2だんめのブロックをならべましょう。

  • xざひょうを左がわにもどす…-200
  • yざひょうを下の位置( いち)にする…90
  • クローンをつくってから、xざひょうをかえることを、11かいくりかえす
2段目のクローンを11個作るコード

クローンをひょうじしよう

クローンを表示(ひょうじ)して、ブロックがどのようにならぶか見てみましょう。

  • クローンされたとき、ひょうじする
クローンを表示するコード

ブロックがきれいにならびました!

ブロックのクローンがステージの上側に綺麗に並んでいる様子を表す画像

ボールにあたったら、ブロックがくずれてきえるようにしましょう。

  • ボールにふれたどうかを、プログラムがうごいているあいだずっとチェックする
ボールにふれたかどうかをチェックするコード
  • もしボールにふれたなら、バラバラブロックのコスチュームにかえたあと、クローンをさくじょする
コスチュームを切り替えた後にクローンを削除するコード

ボールをパドルではねかえしてブロックをけすゲームができました!

ブロックの完成プログラム

(サンプルさくひんのプログラムをぜんぶ見たいかたは、 ScratchのPyxofyページから、「中を見る」でごらんください)


まとめ

今回(こんかい)は、ブロックくずしゲームのつくりかたをしょうかいしました。

座標(ざひょう)をかえながらクローンをつくると、たくさんのブロックをきれいにならべることができましたね。

次回(じかい)は、上から見たジャンプゲームのつくりかたをしょうかいします。

»『Start Here - Scratch (スクラッチ)』では、Scratchの基本(きほん)から、さまざまなゲームやアニメーションなどの記事(きじ)を、レベルべつで見ることができます。

Start Here - Scratch (スクラッチ)
Scratch (スクラッチ)記事(きじ)のレベル別一覧です。初級、中級、上級、拡張機能にわけてまとめました。
スクラッチプログラミング - ebook プレビューの紹介です
Pyxofyで公開してきたスクラッチの内容をebookとしてお届けします。ただいま鋭意作成中!今回はそのプレビュー版のご紹介です。

\参考になったら おねがいします/