スクラッチプログラミング - すうじをひょうじしよう

ゲームの点数(てんすう)やタイマーなど、変数(へんすう)でかぞえた数(かず)をスプライトで表示(ひょうじ)するプログラムをつくります。すきなみためで数字(すうじ)を表示(ひょうじ)できるようになりましょう。

スクラッチプログラミング - すうじをひょうじしよう

【Pyxofyメンバー限定公開】

サンプルさくひんであそんでみよう

今回(こんかい)は、スプライトで数字(すうじ)を表示(ひょうじ)する方法(ほうほう)を紹介(しょうかい)します。

得点(とくてん)がどのように表示(ひょうじ)されるか、サンプルゲームでためしてみてください。

ゲームのあそびかた

  • ボールをぶつけてポイントをふやすゲームです。
  • クリック(タップ)すると、あかいボールがおちます。
  • クリックした場所(ばしょ)によって、ボールのむきがかわります。
  • ドラッグして、ねらいをさだめることもできます。

(みどりのはたをおして、スタートです。プロジェクトは、ScratchのPyxofyページでもごらんになれます。)

へんすうをひょうじする

スクラッチでは、ゲームの点数(てんすう)やタイマーなど、数(かず)をかぞえるときに変数(へんすう)をつかいますよね。その変数(へんすう)をステージに表示(ひょうじ)すれば、かぞえた数(かず)をみることができます。

 ステージに変数が表示されている
ステージに変数が表示されている

でもこの変数(へんすう)、「ちいさくてみにくいなぁ」とかんじたこと、ありませんか?数字(すうじ)をおおきく表示(ひょうじ)したり、みためをかえたいときは、数字(すうじ)のスプライトをつかってみましょう。

 スプライトで表示する数字の例
スプライトで表示する数字の例

今回(こんかい)は、三桁(さんけた)までの数字(すうじ)を、ステージの中央(ちゅうおう)に表示(ひょうじ)できるようにプログラミングしていきますよ。

ステージの中央に100が表示されている
ステージの中央に100が表示されている

すうじのスプライトをよういする

最初(さいしょ)に、数字(すうじ)のスプライトを用意(ようい)します。「1」から「9」と、「0」のコスチュームをつくりましょう。

  • 1番目(ばんめ)のコスチュームは、数字(すうじ)の「1」
  • 2番目(ばんめ)のコスチュームは、数字(すうじ)の「2」

というように、コスチュームの番号(ばんごう)と数字(すうじ)をおなじにしてください。数字(すうじ)の「0」は、最後(さいご)の10番目(ばんめ)のコスチュームにしてくださいね。

数字のコスチューム10個
数字のコスチューム10個

スプライトをふくせいする

三桁(さんけた)の数字(すうじ)を表示(ひょうじ)できるように、スプライトは3つ用意(ようい)します。複製(ふくせい)して、それぞれの名前(なまえ)を、「いちのくらい」「じゅうのくらい」「ひゃくのくらい」にしておきましょう。

数字のスプライト3つ
数字のスプライト3つ

数字(すうじ)のスプライトが用意(ようい)できました。


これより下は、Pyxofyメンバー限定公開です。メンバーになると読むことができます。下のバナーをクリック、名前とメールアドレスを入力後、Sign upボタンをクリック!くわしくは、『メンバー登録・ログイン方法』をごらんください。

Pyxofyメンバー登録バナー
Pyxofyメンバー登録はこちらをクリック!

かんれんきじ

スクラッチプログラミング - 「へんすう」でかずをかぞえよう
「変数(へんすう)」で、ゲームでの得点(とくてん)やのこりじかんをかぞえる方法(ほうほう)をしょうかいします。変数(へんすう)はプログラミングでよくつかわれます。どういうものなのか、一緒(いっしょ)に見ていきましょう。

『Start Here - Scratch (スクラッチ)』では、Scratchの基本(きほん)から、さまざまなゲームやアニメーションなどの記事(きじ)を、レベルべつで見ることができます。

Start Here - Scratch (スクラッチ)
Scratch (スクラッチ)記事(きじ)のレベル別一覧です。初級、中級、上級、拡張機能にわけてまとめました。
スクラッチプログラミング - ebook プレビューの紹介です
Pyxofyで公開してきたスクラッチの内容をebookとしてお届けします。ただいま鋭意作成中!今回はそのプレビュー版のご紹介です。