スクラッチプログラミング - 「メッセージ」でタイミングをあわせよう

「メッセージ」は、ゲームやアニメーションをつくるときによくつかわれるブロックです。スプライト同士(どうし)で「メッセージ」をおくったりうけとったりして、うごきのタイミングをあわせることができますよ。

スクラッチプログラミング - 「メッセージ」でタイミングをあわせよう

サンプルさくひんを見てみよう

さいしょに、「メッセージ」のブロックをつかったプロジェクトをためしてみてください。スプライトたちが順番(じゅんばん)にセリフをいいます。

みどりのはたをタップ(パソコンではクリック)してスタートです。

このプロジェクトは、「メッセージ」をつかって、スプライトたちのはなすタイミングをあわせています。

今回(こんかい) しょうかいする「メッセージ」は、うごき出しの合図(あいず)になる「イベント」ブロックです。

メッセージのブロック

»「イベント」ブロックについては、イベントとは?プログラムをうごかすあいずの記事(きじ)でくわしく説明(せつめい)しています。

Scratch (スクラッチ) - イベントとは?プログラムをうごかすあいず
イベントをあらわすブロックについてしょうかいします。イベントがないと、せっかくつくったプログラムもうごきません!いろいろなイベントブロックをつかった、かんたんなプロジェクトを一緒(いっしょ)につくってみましょう!

プログラミングのじゅんびをしよう

スプライトたちが順番(じゅんばん)にセリフをいうプログラムをつくりながら、「メッセージ」のつかいかたを見ていきましょう。

スプライトとはいけいをえらぶ

スプライトを3つと、はいけいをえらびます。

【スプライト】
・「Frog (カエル)」
・「Penguin 2 (ペンギン)」
・「Reindeer (トナカイ)」

【はいけい】
・「Mountain (山)」

スプライト3つと背景を選ぶ

はなすじゅんばんをきめる

スプライトたちのはなす順番(じゅんばん)をきめましょう。

  1. カエルがはなしはじめる
    …「あそぼうよ!」
  2. ペンギンがしつもんをする
    …「なにしてあそぶ?」
  3. カエルトナカイがこたえる
    …「かくれんぼ!」

この順番(じゅんばん)でスプライトたちがセリフをいうように、ブロックをくみあわせていきますよ!

»なお、スプライトにはなしをさせるブロックのつかいかたは、スプライトにセリフをいわせようの記事(きじ)をごらんください。

Scratch (スクラッチ) - スプライトにセリフをいわせよう《ケーキをたべたいゾ〜》
スプライトにセリフをいわせる方法(ほうほう)をしょうかいします。ブロックに文字を入力(にゅうりょく)するだけでかんたんです!スプライトたちが会話(かいわ)をするプロジェクトをつくってみましょう。

1. カエルがはなしはじめる

プログラムをスタートさせたときに、カエルがはなしはじめます。

  • 「はたがおされたとき」
  • 「(あそぼうよ!)と(3)びょういう」
  • (メッセージ1)をおくる
メッセージ1をおくるブロックをつかう

カエルのつぎにはなすのは、ペンギンです。「つぎはペンギンのばんだよ!」という合図(あいず)をおくるために、「(メッセージ1)をおくる」ブロックをつかっています。

2. ペンギンがしつもんをする

カエルがおくった「メッセージ1」を、ペンギンがうけとります。それをきっかけにして、ペンギンがしつもんするようにしましょう。

  • (メッセージ1)をうけとったとき
  • 「(なにしてあそぶ?)と(3)びょういう」
メッセージ1をうけとったときブロックをつかう

ペンギンのつぎは、カエルとトナカイがはなします。カエルとトナカイにメッセージをおくりましょう。

あたらしいメッセージをつくろう

メッセージのなまえをかえて、あたらしいメッセージをつくることができます。「メッセージ1」を「カエルとトナカイ」にかえましょう。

  • 「メッセージ1」をタップして、「あたらしいメッセージ」をえらぶ
あたらしいメッセージを選ぶ
  • あたらしいメッセージめいを入力(にゅうりょく)する
あたらしいメッセージ名を入力する

カエルとトナカイ」というメッセージをおくれるようになりました!

カエルとトナカイをおくるブロックをつかう

3. カエルとトナカイがこたえる

さいごは、カエルとトナカイがおなじタイミングでこたえます。はなし出すタイミングは、「(カエルとトナカイ)をうけとったとき」です。

  • (カエルとトナカイ)をうけとったとき
  • 「(かくれんぼ!)と(3)びょういう」

【カエル】

カエルがカエルとトナカイをうけとる

【トナカイ】

トナカイがカエルとトナカイをうけとる

プログラムかんせい

スプライトたちが順番(じゅんばん)にはなしをするプログラムができました!

メッセージ」のブロックをつかうことで、セリフのタイミングをあわせているところがポイントです。

【カエルのプログラム】

カエルの完成プログラム

【ペンギンのプログラム】

ペンギンの完成プログラム

【トナカイのプログラム】

トナカイの完成プログラム

まとめ

今回(こんかい)は、 「メッセージ」のブロックについてしょうかいしました。

「メッセージ」をつかうと、スプライト同士(どうし)でうごきのタイミングをあわせることができます。アニメーションやゲームなどをつくるときに、つかってみてくださいね。

次回(じかい)は、コントローラーのつくりかたをしょうかいします。スプライトでコントローラーをつくれば、タブレットでもゲームのそうさができるようになりますよ。

\参考になったら おねがいします/