スクラッチプログラミング - スプライトをえらぼう

スプライトとは、Scratch (スクラッチ)でプログラミングすることができるキャラクターや物(もの)のことです。Scratchプログラミングの主役(しゅやく)ともいえるスプライトをえらぶ方法(ほうほう)を、4つしょうかいします。

スクラッチプログラミング - スプライトをえらぼう

スプライトは「ネコ」だけじゃない!

Scratchのプログラミングページをひらくと、さいしょから「ネコ」のスプライトが用意(ようい)されています。

このネコちゃんも、ユニークでかわいいんですが…ネコ以外(いがい)のスプライトもつかってみたいですよね!

「どんなプログラムをつくろうかな?」ということはもちろんですが、「どんなスプライトをつかおうかな?」というスプライトえらびも、Scratchプログラミングのたのしみのひとつではないでしょうか。

スクラッチのいろいろなスプライト画像

この記事(きじ)をよめば、いろいろなスプライトをえらんでつかえるようになりますよ。

今回(こんかい)は、いったん、このネコちゃんには退場(たいじょう)してもらいましょう。つかわないスプライトは、削除(さくじょ)しておきます。

スプライトをさくじょする

ごみばこマークをタップ(パソコンではクリック)すると、スプライトが削除(さくじょ)されます。

スプライトを削除する
したへつづきます ↓

スプライトのえらびかた

スプライトをえらぶ方法(ほうほう)は、4つあります。

では、ひとつずつ説明(せつめい)していきますね。スプライトえらびは、画面(がめん)の右下からおこないます。

ネコのアイコンをタップ

スプライトを選ぶボタン

いちばんかんたんで、べんりな方法(ほうほう)です。Scratchにはたくさんのスプライトが用意(ようい)されているので、その中からえらびます。

1.「えらぶ」をタップする

スプライトをえらぶ一覧を開く

2.「スプライトをえらぶ」一覧(いちらん)ページがひらく

スプライトを選ぶ一覧ページ

画面(がめん)を上下にスクロールして、スプライトをえらびましょう。

ページの上にあるボタンから、種類別(しゅるいべつ)にえらぶこともできますよ。

でも、ここで注意(ちゅうい)することがひとつ!「すべて」のところでしか見つけることができないスプライトがいくつかあるのです。

たとえば、「Rainbow (にじ)」。
このスプライトは、種類別(しゅるいべつ)にはわかれていません。「すべて」のところで、画面(がめん)をスクロールしてえらぶひつようがあります。

スプライトRainbow

スプライトのけんさく

左上の「けんさく」に、スプライトのなまえを入力(にゅうりょく)してさがすこともできます。

スプライトを検索する

ただ、スプライトのなまえは、すべて英語(えいご)になっています。ざんねんながら、日本語(にほんご)でのけんさくはできません。

たとえば、ケーキのスプライトをつかいたいとき、「ケーキ」とけんさくしても出てきません。

日本語でケーキを検索する

英語(えいご)で「cake」と入力(にゅうりょく)すると、ケーキのスプライトをえらべますよ。

英語でcakeを検索

3. つかうスプライトをタップする

ケーキのスプライトを選ぶ

つかうスプライトがきまったら、画像(がぞう)をタップします。「たべもの」ボタンをおして、「cake (ケーキ)」のスプライトをえらんでみましょう。

4. スプライトがついかされる

選んだスプライトが追加される

えらんだスプライトが追加(ついか)され、ステージにとうじょうしました!

スプライトをえらぶ一覧(いちらん)には、イラストや画像(がぞう)、文字など、339ものスプライトがあります(2021年1月現在)。

さまざまなスプライトを見てみると、「このスプライトをつかって、こういうプログラムをつくってみたい!」というアイデアがわいてくることもあります。どんなスプライトが用意(ようい)されているのか、ぜひ見てみてください。


ペイントエディターで絵(え)や文字などをえがいて、スプライトとしてつかうことができます。

「絵(え)をかくのがすき!」
「ほかの人とちがう、じぶんだけのスプライトをつかいたい!」

そんなあなたにオススメの方法(ほうほう)です。

1.「えがく」をタップする

スプライトを描く

2. ペイントエディターがひらく

ペイントエディター

ここでえがいたものが、スプライトになります。

»えがきかたについては、ペイントエディターのつかいかたの記事(きじ)をごらんください。

Scratch (スクラッチ) - ペイントエディターのつかいかた
えをかくことはすきですか?「こんなスプライトがあったらいいのに!」と、おもうことはありませんか?ペイントエディターのつかいかたをしって、スプライトやはいけいをえがけるようになりましょう。

3. スプライトをえがく

オリジナルのキャラクターをえがいてみたり。

キャラクターを描く

文字をかいてみたり。

文字を描く

あれ?
ふたつのスプライトが、ステージの中でかさなってしまいました!

上の画像(がぞう)のように、スプライトを追加(ついか)していくと、スプライトたちがかさなって表示(ひょうじ)されることがあります。

そんなときは、スプライトをドラッグしましょう。ステージの中のすきな位置(いち)に、移動(いどう)することができますよ。

スプライトをドラッグして移動する

Scratchにスプライトをえらんでもらう

「サプライズ」をタップすると、自動的(じどうてき)にスプライトが追加(ついか)されます。Scratchが、「スプライトをえらぶ」一覧(いちらん)の中からえらんでくれるのです。

どのスプライトがでるかはわかりません。「サプライズ」です!

1.「サプライズ」をタップする

サプライズでスプライトを選ぶ

2. スプライトがついかされる

Monetが追加される

今回(こんかい)えらばれたスプライトは、「Monet (モネット)」でした!


がぞうをアップロードしてスプライトとしてつかう

パソコンやタブレットに保存(ほぞん)してある画像(がぞう)を、スプライトとしてつかうことができます。

1.「アップロード」をタップする

スプライトをアップロードする

タブレット(iPad)のばあい

タブレット(iPad)ではこのような画面(がめん)から、画像(がぞう)をえらべるようになります。

iPadのアップロード画面

パソコン(Mac)のばあい

パソコン(Mac)ではこのような画面(がめん)から、画像(がぞう)をえらべるようになります。

Macのアップロード画面

2. がぞうをえらぶ

花火のイラストをアップロードする

フォトライブラリに保存(ほぞん)してある、花火(はなび)のイラストをアップロードしてみます。

3. スプライトがついかされる

花火の画像がスプライトに追加される

アップロードした画像(がぞう)が、スプライトとして追加(ついか)されました!

以上(いじょう)が、スプライトをえらぶ4つの方法(ほうほう)です。


スプライトのなまえをかえよう

スプライトのなまえは、かえることができます。アップロードした画像(がぞう)のなまえをわかりやすいものにかえてみましょう。

1. スプライトのなまえをタップする

スプライトの名前

2. なまえをにゅうりょくする

スプライトの名前を変える

スプライトのなまえが「はなび」にかわりました!


まとめ

今回(こんかい)は、スプライトのえらびかたを4つしょうかいしました。

スプライトとは、Scratchでプログラミングできるキャラクターや物(もの)のこと。すきな画像(がぞう)をスプライトとしてつかうことができますよ。

はじめのうちは、スプライトの一覧(いちらん)からえらんでみるとよいでしょう。いろいろなスプライトをつかって、たのしくプログラミングしてみてください!

次回(じかい)は、「はいけい」を設定(せってい)する方法(ほうほう)をしょうかいします。スプライトをえらぶのとおなじように、ステージのはいけいもえらぶことができますよ。

\参考になったら おねがいします/