スクラッチプログラミング - スプライトの「むき」をかえよう

スプライトのむきをかえる方法(ほうほう)をしょうかいします。むきは角度(かくど)できまります。角度(かくど)をかえると、スプライトをいろいろな方向(ほうこう)にむけることができますよ。

スクラッチプログラミング - スプライトの「むき」をかえよう

スプライトのむきをかくにんしよう

スプライトの「むき」は、ステージの下でかくにんすることができます。

どんなスプライトでも、さいしょのむきは「90」です。

スプライトの最初の向きは90度

「90」というのは角度(かくど)のことです。スプライトのむきは、角度(かくど)であらわします。

角度(かくど)をかえると、スプライトのむきもかわりますよ。

角度によってスプライトの向きが変わる
したへつづきます ↓

「15どまわす」をつかってみよう

15どまわす」ブロックをつかって、スプライトのむきをかえてみましょう。

15度回すブロックをコードエリアにドラッグする

すこし右下へ、ネコのむきがかわりました!ステージの下を見てください。むきが「105」にかわりましたよ。

スプライトの向きが105に変わる

むきをもどす

スプライトのむきをもとにもどしたいときは、「90どにむける」をタップしましょう。

90度に向けるをタップするとスプライトの向きが元に戻る

グルグルまわす

ずっと」「15どまわす」をくりかえすと、スプライトはグルグルと回転(かいてん)しつづけます。

ずっと15度回すと、スプライトが回転し続ける

スプライトを左むきにしよう

右をむいているネコのスプライトを、左にむけてみましょう。

90度の向きのスプライト

「90どにむける」をつかう

スプライトを左にむけたいときは、むきを「-90」にしますよ。つかうのは、「90どにむける」ブロックです。

90」のところをタップすると、ダイヤルが出てきます。ぐるりとまわして、角度(かくど)をかえてみましょう。

90度に向けるブロックのダイヤルを回して角度を変える

むきを「(-90)どにむける」と、ネコがさかさまになってしまいました!

-90度に向けるとスプライトが逆さまになる

スプライトがさかさまにならないようにする

スプライトがさかさまにならないようにするためには、「かいてんほうほうをさゆうのみにする」ブロックをつかいます。

「(-90)どにむける」の上に、「かいてんほうほうをさゆうのみにする」を追加(ついか)しましょう。

回転方法を左右のみにするを追加する

ネコが左をむきました!

スプライトが左を向く

「マウスのポインターへむける」をつかってみよう

スプライトのむきをかえるためのブロックに、「マウスのポインターへむける」があります。

マウスのポインターへ向けるブロック

このブロックをつかうと、あなたがマウスをうごかした方向(ほうこう)へ、スプライトのむきがかわります。タブレットのばあいは、ゆびでタップしたところへスプライトのむきがかわりますよ。

サンプルさくひんであそんでみよう

下のサンプルさくひんは、てんとう虫を「マウスのポインターへむける」ようにプログラミングしてあります。

画面(がめん)の中でマウスをうごかして、てんとう虫のむきがかわることをたしかめてみてください。タブレットのばあいは、画面(がめん)の中をゆびでタップしてみてくださいね。

みどりのはたをタップ(パソコンではクリック)して、スタートです。マウスのポインターのところ(タップしたところ)にてんとう虫がくると、プログラムはとまります。

サンプルさくひんのプログラム

上のサンプルさくひんのプログラムを見てみましょう。

向きのサンプル作品のプログラム

てんとう虫のさいしょのむきは、「90どにむける」にしてあります。「マウスのポインターへむける」をつかって、むきがかわるようにしているところがポイントです。


まとめ

今回(こんかい)は、スプライトのむきをかえる方法(ほうほう)をしょうかいしました。

スプライトのさいしょのむきは「90」です。角度(かくど)をかえると、スプライトのむきもかわります。角度(かくど)をいろいろとかえてみて、スプライトがどういうむきになるか、ためしてみてくださいね!

さて次回(じかい)は、ボールをバウンドさせる方法(ほうほう)をしょうかいします。むきをかえることで、ボールがあちこち移動(いどう)するようになりますよ。

\参考になったら おねがいします/